平面度マスター(平面度原器)

平面度マスターの使い方

平面度の絶対値を”平面度専用ゲージ”で測定するときに、必要になるものが”平面度原器(平面度マスター)”です。

平面度マスターを専用ゲージにセット(装着)し、ダイヤルゲージ類をゼロセット(校正)します。

その後、マスターを外し、製品をセットします。
その時の、ダイヤルゲージの振れを読み取ることによって平面度を確認します。

平面度マスターの重要性

平面度専用ゲージのダイヤルゲージが指し示す数値は、平面度マスタと被測定製品との「差」です。

つまり、平面度マスターが真の平面に近い状態のものでないと意味がありません。

したがって、平面度マスターは数ミクロンのレベルで製作され、経年変化や耐摩耗性を考慮したものになっていることが多いです。

平面度マスターの注文方法

図面がある場合は、図面を送っていただければOKです。

図面が無い場合は、当社営業もしくは設計者と打合せをし仕様確定させます。

平面度マスターのご注文・相談は、こちら ==> https://wsl-g.co.jp/contact/

渡辺精密工業の資料をダウンロードするには、こちら(外部サイト)
==> https://www.ipros.jp/company/detail/2059539/

渡辺精密工業

当社は自動車、航空宇宙、産業用機械、電機などの集積地である愛知県に本社工場があります。
創業当時から金属加工を手掛け、いち早く、高精度な工作機械を導入し、ミクロン単位の精密加工を実施してきました。
年間100社以上のお客様と取り引きがあり、さまざまなノウハウが蓄積されています。
製造に携わる社員は技能検定(機械検査)取得を推奨しており、昔ながらの職人さんではなく、現代にふさわしい技術職人の集団です。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

渡辺精密工業の製品一覧はこちら ==> https://wsl-g.co.jp/products/

渡辺精密工業の営業品目一覧

<ゲージ>
栓ゲージ、ハサミゲージ、テンプレート、砥石用テンプレート、スプラインゲージ、セレーションゲージ、テーパーアーバー、スプラインテーパーアーバー、スプラインマンドレル、スプラインプラグゲージ、スプラインリングゲージ、姿ゲージ、テーパーゲージ、球面ゲージ、球面模範、模範、基準器、高さゲージ、高さマスター、ギャップゲージ、段差ゲージ、LFゲージ、総合ゲージ、深さゲージ、深さマスター、重量マスター(重さ原器) 等

<治工具>
機械加工治具、検査治具、検具、総型ゲージ、総合ゲージ、LFゲージ、MLFゲージ、計測ゲージ、測定ゲージ、自動機用ワーク固定治具、無人化対応用治具、パレット、コレット、コレットチャック 等

<金型>
精密金型部品(プレス用、射出成型用など)

<その他加工>
測定器、専用機、試験機、三次元加工、小穴加工、超硬加工、セラミクス加工、ガラス加工、樹脂加工、鏡面加工、ラップ加工、ラッピング加工、クラウニング加工、特殊プロファイル加工、面粗度加工、ドリル折損除去、試作部品、試験片、引張試験片、ねじり試験片、熱処理試験片、腐食試験片、メッキ試験片、圧縮試験片、校正用マスター、校正基準器、校正器具、点検具、等

<設計>
ゲージ設計、測定治具設計、総型ゲージ設計、総合ゲージ設計、測定ゲージ設計、検査治具設計、機械加工治具設計 、省力化・自動化治具設計

<システム開発>
C, C#, Python, VBA, WordPress など

<その他>
自然エネルギーによる発電事業並びにそれに関する施設の管理及び運営