螺旋溝シャフト(螺旋溝加工)

熱処理済(焼き入れ処理済)シャフトに螺旋溝加工を実施した事例です。

螺旋溝加工の方法

螺旋溝加工する場合には加工方法と加工工程の2つに気を付ける必要があります。

1.加工方法
①旋盤加工
旋盤を用いて、被加工物を回転させながらバイト(刃物)で溝加工を行います。

②マシニング加工(フライス加工)
マシニングセンターに被加工物を回転させる”回転軸”を設置し、回転させながらエンドミル(刃物)で加工します。

③ターニングセンター加工
フライス軸を持った複合旋盤で加工する方法です。

④プロファイル研削加工
砥石を使い被加工物を回転させながら溝加工を行います。

2.加工工程
①熱処理前
熱処理前の場合は、旋盤加工やマシニングセンターに旋回軸を搭載して加工することが可能です。
加工時間が短いというメリットがありますが、熱処理にて製品に熱処理歪が発生する可能性があるため、正確な螺旋溝が必要な場合は不適当です。
単に、油やエアーなどの流体が螺旋溝を通ればOKというような用途に適しています。

②熱処理後
熱処理歪を研削加工などで除去した後に螺旋溝加工を行います。
そのため、歪がない状態に螺旋溝を加工することができます。
このため、溝巾や溝深さが一定の状態を実現することが可能です。
しかし、熱処理後に加工するため、加工効率が悪く加工時間が長くなるというデメリットがあります。

用途や精度によって加工工程、工法を変えて製作します

図面の要求精度や使用用途をお尋ねしながら最適な方法をご提案いたします。
このような形状については、工程、工法を間違えると失敗する可能性があります。
したがって、製作前にご相談していただくことをお勧めいたします。

数物(小ロット量産品)にも対応できます

長さ、直径、段数、材質、熱処理硬度など さまざまな条件で製作することが可能です。
小ロットの量産品も対応可能です。

一度ご相談願います。

螺旋溝加工のある品物製作の相談は

渡辺精密工業にお気軽にご相談ください。
テーパーリングゲージの図面や写真、マンガ絵、スケッチなど、今、手元にある情報を送っていただけるとスムーズな相談が可能です。

相談はこちらをクリック => https://wsl-g.co.jp/contact/
(図面、写真を当社に送ることができます)