ダイヤモンド(PCD)センター

ダイヤモンド(PCD)

Polycrystalline Diamond(PCD)は人工ダイヤモンド(ダイヤモンド焼結体)のことです。

ダイヤモンドセンターとは

センターは一般的には鉄(SUJ2やSKS)で製作することが多いですが、先端の60度部分を耐摩耗性向上のために、超硬材を使用する場合があります。

さらに、耐摩耗性を向上させるためにダイヤモンドを使ったものが、ダイヤモンドセンターです。

ダイヤモンドセンターは渡辺精密工業へ

当社でPCDを製造することは出来ません。専門メーカーに作成して入手しております。
ダイヤモンド焼結メーカーは当社のように鉄と組み合わせてダイヤモンドセンターを製造することが出来ません。
よって、当社のような鉄工所に注文をいただくことになります。

また、当社は常に、ミクロン単位(=0.001mm)の高精度な仕事をしていることもあり、センターのような精度が高い製品に関しては、当社の加工技術がメリットになります。

振れ、角度公差、段差への軸長距離など、精度が必要なダイヤモンドセンターから、単に、摩耗対策としてご使用されるダイヤモンドセンターまで、当社で製作することが可能です。

ただし、注意点があります。それは納期です。

ダイヤモンドは都度、ダイヤモンドメーカーに依頼して製造していただきます。
また、形状や大きさによっては、焼結製造できない場合もあります。そして、納期もかかります。

御注文をご検討いただくときには、早めにご相談いただくことをお勧めいたします。

ダイヤモンドセンターのご相談は

渡辺精密工業にお気軽にご相談ください。

相談は、こちら => https://wsl-g.co.jp/contact/