スプラインを研削加工するかワイヤーカット加工するか

スプラインの加工方法の種類に関する記事です。

スプライン形状を形成する場合の加工方法として、良く知られている方法はブローチ盤による加工です。
この方法では、ある程度の製品数を製作しないとコストメリットが出ません。
その他にも金型を使用した製作方法があります。

単品のスプライン加工

当社が製造するスプライン製品は1個から10個程度のものが大半です。ときどき、それ以上の製品を製作する場合がありますが、レアです。

当社の場合、スプライン加工は、研削加工とワイヤーカット(放電)加工の2種類があります。

ワイヤーカット加工は主に、メス形状(リング形状)のスプライン加工を行う場合に選択します。
外径部(プラグ形状)にスプライン加工がある場合は、研削加工(研磨加工)にて加工いたします。

放電加工と研削加工はどちらが最適なのか?

放電加工の場合は、加工表面に”加工変質層”が生じます。これは放電加工の特長で、加工時の熱や電気放電によって素材が融解し、再凝固してできる微細な層です。硬いのですが脆く、摩擦が発生した場合に、その層が摩耗、破壊されることがあります。
この加工変質層を除去するために、ラップ加工(ラッピング加工)やブラスト加工などを施すことがあります。
このときに、加工にて創成された形状が変形してしまうことが多々あります。
加工公差が緩い場合は問題ないのですが、ゲージや精密部品の場合は、一般的に公差が厳しいため、この変形が命取りになります。

一方、研削加工で仕上げた場合、経験的に、加工変質層について考慮する必要がありません。
したがって、特別に仕上面粗度を鏡面のように、、、のような指定がない限り、当社では研削加工した仕上げ面にて納品しております。
いままで、クレームが来たことはありません。
研削加工面でもラップ加工やブラスト加工した場合、創成された加工形状が変形する可能性はゼロではありません。しかし、当社では、研削加工形状のまま、図面要求精度を達成するため、ラップ加工などを実施しませんので、形状が崩れることがありません。

よって、当社は、研削加工が出来る場合は研削加工を積極的に選択し、それ以外の場合において、ワイヤーカット加工を選択しております。

スプライン加工のご相談は渡辺精密工業に

TELもしくはメールにてご連絡願います。
こちらから図面や写真を当社に送ることができます。 => https://wsl-g.co.jp/contact/

当社の加工例(製品例)

こちらに写真が沢山載っています。==> https://wsl-g.co.jp/products/
(スプラインの写真もあります)